GKS彦根支店

本日いよいよ岐阜に本社を置くジーケーエスさんが滋賀県内に支店を設立されました。なんと昨日には会長さんがわざわざこんなちんけな個人商店の私共の工房に挨拶に来られびっくりしました

img_4618.jpg

ジーケーエスさんほどの規模の会社なのにもかかわらずこうして挨拶に来て頂き恐縮です

img_4619.jpg

紅白のタオル。ほんとめでたさが伝わるタオルです。で、私はいろんな業者さんに支店や営業所、新社屋竣工時ささやかな花を贈らせて頂いておりますが、本日支店長さん自らお礼を言って頂き感激です。たいがい私は彼らから言う得意先なので電話や訪問でお礼いって頂くのですが、過去京都の会社の新社屋完成時同じように花を贈った時お礼がないのでひょっとして届いていないのかとそこの会社の私の担当に電話したら「あ~社長がね、皆胡蝶蘭とかン万円の花を贈ってきてくれているのに(ちなみに贈り主はその社屋の施工会社とか)こんな安もんのはみっともないとゴミ箱行きでした」と聞いた時怒るのも泣くのも通り越して笑えてきました。その後取引もしなくなり彼ら滋賀から撤退しましたが大人ならば「お礼の言葉」というものをするものですよね。

img_4633.jpg

本日たまたま寄せて頂きました。玄関も立派です。

img_4632.jpg

かなりの規模で、物量は全県カバー出来ることが予想されます

img_4631.jpg

重役さん達がおられ、倉庫内には入れませんでしたが来週からこの支店さん、大忙しと思います

img_4634.jpg

これは同じ彦根に支店を置く㈱大光さんです。この会社も岐阜に本社を置きこの彦根支店さんも盛況です。このお光さんは、かつて私が山大商事という食品卸会社に所属している時散々苦しめられた会社です。当時は彦根に支店はありませんでしたがこの会社の機動力を当時、私は中国軍になぞらえて「八路軍(パーロー軍)」と呼んで恐れていました。又、大きな冷凍車数台で納品する様子を「大光重戦車軍団」とも呼んで恐れたものです。ジーケーエスさん、大光さん共に海軍ならば「空母」を展開しておられるようなもんです。

img_4635.jpg

これは彦根に本社を置く私の古巣でもある山大商事さん。かつては滋賀全県の学校給食をカバーし、産業給食、弁当給食などでも活躍されています。私が退職した平成元年当時売上高18億5000万あり、今は売上高こそは当時ほどではないですが学校給食では今も滋賀県シェアーNo-1の会社です。この会社から25年ほど前に分かれた大津のユースカイさんは私、お世話になっていましてあの分裂騒ぎ(サンルート松の間事件)さえなければと私、今も思っています。

img_4646.jpg

そして滋賀県に本社を置く食品卸としての筆頭はなんといってもこのフジノ食品さんです。ひとつひとつ丁寧に販売する姿勢はまさに「三方よし」精神です。上記三社は元々が岐阜であったり社長が岐阜の人であったりしますがこの会社は生粋の五個荘、近江商人でして、社員さんで私も懇意にしているO君とT君など顔や体格がよく似ていて、そのコンビがお客さんの信頼と注文を獲得するさまを近江商人がてんびん棒を担いで行商したさまと、当時プロレスラーで強かった「ストロングマシーン1号、2号」のイメージから「てんびんズマシーン1号、2号」と恐れたものです。私などあちらで恐れこちらで恐れしつつ23年も姑息に生き延びてきました。でも結局その会社の人(社長から一般社員まで)が会社を成り立たせていると思います。ここ最近とある会社の私の担当者が口を開けば会社の悪口ばかり。でも不思議とそういった話は聞いてみると結構冷静な判断だったりします。それを現場を知らない上層部が聞く耳持たなかったり逆に心地よい情報のみ聞くようにしているものですから現状報告を受けるとすぐキレて怒鳴り散らしたりするらしく、こりゃ大変だな~といつも思ったりしています。でもそんなこと言っているうちこの滋賀は今日から戦国状態なので後々数字に出てくると思います。

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 19:38:46  コメント (0)