転作の麦・・・

転作として小麦を植えておられる各自治体の農業組合が多くいらっしゃいます。我が躰光寺でも転作の麦をしておりますが、今まで知らなかったことが結構ありまして今年度は勉強になります

img_3212.jpg

先日組合長と共に器具の確認、点検した時の写真で、これは種をまく機械です。

img_3213.jpg

この緑の機械は肥料など巻くときに使う機械で、手前は弾丸暗渠の道具です。正確に説明しにくいですが秋口には活躍する機械です。

img_3226.jpg

これはよその転作しておられる風景です。で、今年初めて分かったのですがこの転作の麦、麦になった家は米作れないのでどないなるのかな~と思っていたらちゃんとした計算方法がありまして、そこの田んぼ、1反当たり5俵分が支払われているんです、銘柄はキヌヒカリが基準でそのキヌヒカリに俵当たり1000円上乗せっていうあんばいなんです。3反ほどが転作にかかっている農家でしたならば15俵(すなわち8800円ほど・・・ちょっとあいまいな金額すみません・・・×15)と15000円(1俵1000円×15)が借地料として支払われるんです。こんなことも分からない私・・・恥を忍んで投稿しました。でも考えてみたらこの借地料・・・米の値段に連動してるんやったら年々下がってるということやんけ~さて・・・明日は農談会・・・ほんと私の尊敬する先輩の「役もろうたら風邪もひかん!」と言う言葉の意味がよく分かるようになりました。

Filed under: 農業 — admin 19:13:02  コメント (0)

ほとんど土日なし

平成23年度自治会の農事関係の役員をさせていただくことになり、とにもかくにも分からないまま新役員として1週間が過ぎました。昨日もそうでしたがとにかく土日がほとんど何らかのことでの打ち合わせばかりです

img_3214.jpg

昨日に引き続き今日も役員会。準備も何かと大変です

img_3217.jpg

何せ27人が集まる今日の役員会、席順に書類を並べるだけでも大変です。いろんな議題について自治会長さんも「予習」にしておられたり、書類の不備ないか入念なチェックをされています。

img_3216.jpg

別室では自治会長さんとこの春の祭りでいわゆる「餅まき」される方との打ち合わせもなされていたり会議が始まる前からいろんな個別の打ち合わせが各所で行われています。このまま後49週間・・・仕事と役員・・・ほんま今年はハードです・・・

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 23:21:41  コメント (0)

長浜からマキノへ

仕事の関係で週一回琵琶湖をぐるっと周ることがありますが、先日の能登川と八幡の間の道路と違い滋賀の北部は又別のロケーションがあります。

img_3195.jpg

そんなに賑やかではない道路沿いの看板。なんだかこの業種、浮いています・・・

img_3197.jpg

今も残る対面販売もするたばこ屋さん。妙に懐かしいものです。

img_3198.jpg

数年前に廃業した繊維会社。昭和年30年代のいわゆる「糸へん産業全盛時」からは想像できないくらい繊維関係の会社が減りました。

img_3199.jpg

チャンポン亭も湖北地方ではこのドラマを熱心にPR・・・

img_3200.jpg

どういうわけか国道8号線を北に向かうと焼き肉屋さんと言う看板より「ホルモン」の焼き肉屋さんの看板が目立ちます。

img_3201.jpg

どちらかと言うとラーメンと焼肉がセットになった店も目立ちます

img_3203.jpg

そんなこんなで雪もそんなになく「春が近づいてきた」と思いつつやのくまのトンネルに向かいます

img_3205.jpg

でもトンネルを出たらやはり雪が目立ちます

img_3206.jpg

そして旧マキノ町あたりでは御覧の通り・・・・春近しとは言い切れなくなります

img_3207.jpg

このお店ずいぶん前は確か「ライフ」と言う名の喫茶だったと思います。ピラフがおいしかったのが思い出に残っています。この車庫に今も三菱の「ギャランFTO」が置いてあるんじゃないかな~ただ敷地内に入り込むのも気が引けましたので外からパシャリっといった具合です。滋賀北部、西部はもう少し雪が残っていたり少し気温も湖東地区より2~4度低く、春を感じるまでもう少し時間がかかりそうです。

Filed under: 湖国・近江だより — admin 23:20:37  コメント (0)