四十九日

今日は他界した祖父の四十九日でした。

img_1273.jpg

朝からなんやかんやと言いつつバタバタしていました。この写真は朝8時です。すでに気温は30度超えています。扇風機など文字通り「焼け石に水」です。

img_1275.jpg

10時から始まった「納骨」・・・那須野住職の読経の後、おじいちゃんがここに・・・とにかく暑い~

img_1277.jpg

そして自宅で・・・汗が滝のように流れる状態でした。そしてこの後は米定へ。驚いたのは米定の送迎バス、運転していたのが業者仲間で親しくしている「杉本食品」代表、杉本氏だったのには驚きました。「いや~米定さんに納品したら手伝ってくれとのことで送迎バス運転してあげたんですが場所聞いて小森さんとは・・・」彼もびっくりしていたようです。ちなみに彼は大型免許も取得しておられます。仕出し食材ではエキスパートナーです。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 18:54:19  コメント (0)

週末のモノローグ連発

この一週間、暑かったり大雨が降ったりで大変な一週間でしたね。さて、そうした一週間、何気なく撮った写真とか毎度のごとく「小ネタ」としてまとめてみました。

img_1218.jpg

琵琶湖大橋大津方面に向かう途中に見えてくるでかい観覧車です。かつてここに「びわ湖タワー」と言う施設がありました。

img_1219.jpg

今はスーパー「イズミヤ」として多くの買い物客でにぎわっています。

img_1249.jpg

岐阜県ナンバーのトラックの後ろに貼っているスッテッカーです。「木曽街道」・・・亀さんの頭に中山道のマーク・・・余裕を持って走りましょうと啓発しておられるんでしょうね。その昔、岐阜や長野とこの中山道でつながっていたと思うと当時の運送関係者も(?)物資配達に力を入れておられたんでしょうか?

img_1250.jpg

彦根市、極楽寺町のとある交差点です。この場所に昔、「ひろみ食堂」と言う食堂がありまして、このオーナーさんの乗っておられたフェアレディZがかっこよく、そして早くてあこがれたもんです。

img_1216.jpg

私と同じような軽トラの冷凍車が前を走っていたのでパシャリ!「シーボーン・ジャパン」・・かっこよい名ですな~この会社、想像するに海産物関係の会社なんでしょうか?この住所は私が普段お世話になっている「ユースカイ」と言う問屋さんの近くですので一度ユースカイ社長に聞いてみよっと!

img_1265.jpg

彦根市内のとある踏切です。ここに書いてある「近鉄」と言うのは近畿日本鉄道」のことではなく「近江鉄道」のことなんです。私、小学校の頃大阪の親戚の家に行った時近鉄乗り場でその車両が何両も編成されていたので「近江鉄道も大阪ではこんなに長い車両なんだなあ~」と勘違いしていたことがありました。

img_1261.jpg

前を走っている車に貼られてあるステッカーふと懐かしく見入ってしまいました。

img_1260.jpg

柿本・・・チューンナップでは有名です。こういったプライベートチューナーが多くいた1980年代、柿本さんの手がける整備(と書いたほうが良いと思い)はピカイチでした。当時は日産のL型エンジンがよくチューンナップに使われていて、私もL26積み替え、タコ足、デュアルマフラー(42パイ)ソレックスが買えなかったのでSUツインのキャブとか着装したものです。私の友人で経済史の試験のとき「マックスウェーバー(人物名です)について述べよ」と言う問題に「このメーカーはソレックスと並んで私の好きなキャブレターです」と書いて落第したのがいました。

img_1259.jpg

待てども待てども来ることもなくバックすることもないダンプカー。よく見たら誰も乗ってないやん~

img_0874.jpg

普通の昔からある住宅街に昔からある「シブヤ美術教室」一度どんなアトリエか見に行きたく思っています。そんなこんなで8連発・・・良い週末を・・・

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 8:58:01  コメント (0)

肥田城

彦根市内稲枝地区肥田町に今から450年前に「肥田城」という城がありました。この城の城主は高野瀬秀隆さんでして、この殿さんが浅井賢政(後の長政)に付いたことにより、裏切りを知った六角義賢(よしたか)がプチンと切れて戦った野良田合戦の舞台になった場でもありました。

img_1246.jpg

肥田町公民館横にある肥田城跡の石碑です。で、この戦いの特徴は「水攻め」でして、宇曽川から水をこの城に引き込んで攻めようとする戦いでした。

img_1239.jpg

城があっただろうと思われる場所からカメラに収めた宇曽川堤防です。この戦い、今年でちょうど450年(記録では永禄3年・1560年にあったと記されている)になりますが特筆すべきは豊臣時代の戦法、日本3大水攻めよりも先行してこの手法が行われていたことです。

img_1242.jpg

宇曽川の堰をきっての水攻め、結局六角さん失敗に終わったそうです。その後の戦いで元々六角義賢から一文字とっていた浅井賢政はばつ悪い(?)という事もあり(これ・・・私の勝手な推測)賢を長にして長政にしたそうです。

Filed under: 湖国・近江だより — admin 10:02:04  コメント (0)