ウィンター小ネタ

単なる小ネタと書いていても小ネタだけでもこの10年間200回くらいこのタイトルなので〇〇の小ネタとでも書かないとと・・・思いましての・・・・です

dscn7590.jpg

愛知川にとある配達と商品引取りに寄せてもらった時前を走るバス見たらこの町のキャラクター「あしょうさん」が。旧愛知川町と秦荘町が合併したことで生まれた自治体名「愛荘町」のイメージキャラクターとして生まれたこのあしょうさん、目の部分見ているとクレヨンしんちゃんの初期のしんちゃんの目を思い出しました。当時のしんちゃんの目はこんなのでした

dscn7587.jpg

今年度農業副組合長ご苦労様です。この会社にお勤めの方の事なのですが、考えてみたら今年度、29・28・27・26年度と副の人はみな髪が「ふさふさ」、羨ましいです

dscn7600.jpg

近江鉄道の車両をこうして見るのも久しぶりのような気がします

dscn7601.jpg

倉庫内で何か思いっきり当たったか何かのまま錆びてしまったってな感じですね

dscn7604.jpg

年度末の工事があちらこちらで行われ始めました

dscn7605.jpg

政府開発機構関係の車ではありません

dscn7609.jpg

ATMの事を「自動化機器」とその名に由来を説明しているところにこの看板の歴史を感じます。私の前いた会社などその処理能力(昭和60年代)、今のパソコンより低かった割にはでかく、それでいて「電算室」と書かれていた部屋がありました。仕事でもそうですが、今後AIとかの時代だとか言われ、いよいよその人の持つ経験や知識がまるで「不要」かのごとく言われていますが、知り合いのこうした事柄の専門家に聞くと唯一AIに出来ないことがあるらしく、それは接待でして、もちろんこれも近い将来ソフトが開発されるかも知れないがまだまだだそうです。例えば「接待麻雀(こんなの死語ですな)」、うまい具合にギリギリのところで相手に勝たす、将棋でまるで自分のミスのように見せかけて相手に勝ちを譲る、相手が笑った時に何に対して笑ってくれたのかを察してその笑顔の「何に対してか」をいわゆる「くすぐって」相手に気持ちよく会話をはずんでもらうってなのは中々AIにはできないと思うんです。私などパソの操作ができないのでいつも家内に「もみ手」して教えてもらっていますがAIが発展し過ぎたら「寛珍さん、あなたパソ・・・もうしなさんな」と言われるんちゃうやろか

dscn7606.jpg

1ヶ月前とは違って見えるこの景色、このまま少しは寒い日があるかもしれないですが春がもうすぐそこなんじゃないかと思いました

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:46:27  コメント (0)

恥ずかしかった~

実は先日の総会に結構恥ずかしかったりもうすってん(もう少しで)笑われるようなことがありました

dscn7592.jpg

引継ぎ後のご苦労さん会での話、ふと見たら靴下に穴が・・・これはその時の再現なのですが

dscn7593.jpg

総会が無事終わったのでほっとし過ぎてそこらへんにある靴下で会議所に向かい、穴に気づいたんです。帰宅する時間もないのでマジックで

dscn7595.jpg

このように塗って胡麻化していました

dscn7599.jpg

当然足の裏はこの通り。他・・・

dscn7568.jpg

総会開始直前に副自治会長さんたちと打ち合わせたのですが、もう一度挨拶の予行練習したかったのに時間なく。あいさつの中でのセリフ「この一年なんとか過ごせましたのも皆様の・・・」というところもうすってんで「この一年何となく・・・」というところでした。このきわどいミスに気付いて修正したまでは良かったがその後は弁・・・噛み気味・・・小心者の寛珍はこんなもんです

dscn7591.jpg

とどめはこのお店に行くときの話。このお店を予約してくださった副自治会長さんから「店のスタッグさんがシルバーの軽で迎えに来る」と聞いていました

dscn7588.jpg

※これはイメージの為の写真です

こうした車が来まして副自治会長さんから「自治会長、農業組合長の2トップからお乗りください」と言われて二人乗り込み「今日はお世話になります」と言ったら運転手はなぜか自治会の相談役の奥さん・・・?。1分もしないうちに店の車が来て乗り込んだ私たち二人大恥。奥さん「その後自宅にでも招かねばいけないかと思った」と思っていたらしくひたすら平謝り。総会後、気が抜けたのか二人して酔ってしまいました。とにかくほんとにハードな一年だっただけに役を降りて3日目ですがいまだにポストに何か入っていないか気になる寛珍です

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 18:04:00  コメント (0)

いなべ市観光協会さんから

昨日までの一年間、とにかく来る書類と言ったら農協、市の農産課、土地改良区、NOSAI滋賀など百姓がらみのばかりでした。そんな引き継いだ翌日に届いた書類が

dscn7584.jpg

いなべ市観光協会さんからの出店案内

dscn7576.jpg

しげしげ読むのも1年ぶりです。また昨年はその時期に農事関係の仕事していたりでこの「梅まつり」には寄せてもらっていないのでこのイベントへの参加もほんと久しぶりになります

dscn7578.jpg

3月の11・12日のこのイベントでのレイアウトと言いましょうか出店者のブースも決まり久しぶりの販売に喜んでいます。さすが三重県までチキン買いに来てとは言えないですがもし「ふらっと」来ていただけるようなら心よりお待ちしています 

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:55:35  コメント (0)