寝不足なのか不眠症なのか

体質が変わって来たのかストレスからなのか寝られなかったりします。で、ちょいと酒飲んだだけで夜9時頃には眠くなり朝は4時手前で目が覚めてしまいます。本格的な老人ですな

dscn5923.jpg

町内の農業関係者の方々が圃場を見て回っておられました。役降りたら気力もなくなり田植え、来年営農さんにお願いしようかと思っています

dscn5932.jpg

明日は会議。

dscn5904.jpg

得意先でもあるこの施設、普段は厨房の出入り口からしか入らないのですが、数年ぶりに玄関から入り窓口にてとある書類提出しました。この施設も出入りして30年以上経ちます。こうした商売始めたときからのお客さんはいまや5つくらいになってしまいました。後は数年前に取引したところなどで、始めからの方は廃業、故人になったなど様々です。そりゃ30年前50歳くらいの大将に「買って下さい」と勢いだけでセールスしていたその相手もいまや80歳越え・・

dscn5905.jpg

落葉です。冬の風景そのものです

dscn5921.jpg

歴史で言いますと今年はキューピーが創立100周年なんです

dscn5922.jpg

いつも仕入れているフレンチドレッシング、60年前からあったんですね。又、キューピーで思い出すのは当時在籍していた会社の担当が能登川給食センターで、皆さんとキューピーの工場見学に行った思い出があります。そのとき私は25歳、K場長(能登川は所長と言わなかった)、Y栄養士さん、調理員さん達と能登川町所有のバスで出かけたことがありました。その10年後能登川に住むようになり、私が納品した給食物資を学校で食べていたのがいまの家内です。

dscn5927.jpg

仕出し関係も忙しそうです

dscn5928.jpg

マンションもこうして廃屋のようになると不気味なものを感じます

dscn5930.jpg

ハイブリッド車が多くなったのかそれとも皆さんあまり車に興味がなくなったのかガソリン価格についてとやかく言うことしなくなったし報道もあまり言わなくなりましたね

dscn5924.jpg

こうして車走らせつつ(これは家内に運転してもらっている)「今年も3週間ちょっとだなあ~」としみじみ感じたりしています。振り返るのにはまだ早いですので今年の思い出などは後日にさせて頂くとして今日はこの辺で

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 17:36:22  コメント (0)

なぜかしら今年は

毎年12月に入ったらすぐ「師走に入り」なんて挨拶から始まっていたんですが、今年は12月も3日になるのにどうもその辺がぴんとこなくって「あれ?」ってな感じです

dscn5889.jpg

先日の出店料を払いに農協さんへ。この封筒・・・気に入ってるんです

dscn5891.jpg

とある町の方の家に年末の挨拶代わりの物をポストに。実は昨年にもお伺いしたのに道忘れ、先ほどの農協職員さん(R太君)に聞いて寄せて頂いた次第なんです。でも、同じ姓の方が多いこの町、ひょっとして間違ってポストに入れていたら・・すんません

dscn5894.jpg

安物のデジカメとはいえ「ながら」はいけないので停車してカメラに収めることに

dscn5896.jpg

彦根日夏あたりなんですが向こうの山沿い、雪かと思いました

dscn5899.jpg

こうした芹川の冬の風景、好きです・・・てなこと言いながら師走がスタート・・・なんですね~

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:18:46  コメント (0)

自動車の運転

車の免許を所持してかれこれ40年ほど経ちます。その間道路交通法もいろいろ変わり、現在ではスマホなどの乍ら運転に対す罰則強化され、昨日からそれの基づく取り締まりなどもあると聞いています

dscn5888.jpg

スマホ以外でもカーナビなどを注視(2秒ほどらしいのですが )、カップラーメンなど食べながら、週刊誌見ながらなど全般に大してです。で、仕事関係でよく電話がかかってきますが今回から運転中など折り返しの電話にすることのしました。

dscn5880.jpg

昨日のえびす講での話なんです。この近くとしか申せませんが、独身の頃から大変お世話になっている方がおられました。数年前他界されたのですが、えびす講の時期になると存命中「鈴木君(私の旧姓)、能登川名物あげまんじゅう買っておいたから食べに来なさい」などといつも立ち寄らせて頂いた思い出があります。あげまんじゅうは私のように年がら年中販売されていなく、こうした時期のいわばそのときだけの風物詩のような感じでそれだけに色んな思いで詰まった食べ物なんです。そんな能登川えびす講も終わると一気に冬ってな感じですね

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 14:59:56  コメント (2)