事情も変わりやすい

使っているパソコンのアダプターがリコール対象らしく取り替えていただきました

dscn9828.jpg

アダプターに不具合があったそうで、機械音痴の私にはさっぱり。

dscn9827.jpg

台風の影響で今度の日曜日にも行われる予定だった奥永源寺渓流の里での販売、中止になりました。こうしたイベント関連は天気にも左右されるので気難しい仕事です。ちなみに私の販売項目で苦戦するのはいわゆる「音曲(おんぎょく)もの」と言われるイベントでして予想していたほどの販売が出来なかったことが多々あります。そうだからと言って縁日での販売となると夜ですし「勇気」が要ります。この勇気、お察しください

dscn9825.jpg

スモークチキンを燻すときに使うのが桜の木のチップでして、このような状態のものを使っています。実はスモークチキンをし始めてからずっとお世話になっている業者さんから販売ができないとの電話をいただきました。材木、製材関係をしておられる方が気から落下し大怪我されリハビリ中との事に加え高齢から廃業されるとの事なんです。

dscn9826.jpg

最初は写真の桜の木を自分で砕いて燻していたのですが、最初のころだったら1日20本とか30本燻すくらいだったのでこうした作業していても良かったのですが現在は1日 150本ほど燻すのでとても砕いている時間もなく業者さんからチップ状のを買うことにしていたんです。さて、また業者探しから始まりますわな。

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 19:01:59  コメント (0)

移籍時代か?

サッカーなどでよく活躍される方が海外のチームに移籍されることがありますが、社会においては転職される方はあっても同業他社に転職されることはそうそうないのが普通ですがこの食品卸の業界では近年ライバル会社に転職される方が多く古寛珍としては驚くばかりです

dscn9692.jpg

頭文字とるとわかるのでA~E社とします。A社にいた人間がB社に移り、B社にいた人間がC社に移り、D社にいた人間はB社に移りと言ったあんばいでとにかく昨年までいた会社と違う会社のユニフォームでうちに来て「今後ともよろしく」と挨拶されたりして驚いています。彼が移った会社とも元々取引していましたので私が彼が元いた会社から何を買っていたか知っている彼はあっさり商品値引きして紹介したりされるので奇妙な感覚になります。で、転職した彼らに聞くと決して給与に関して不満があるからではなく人間関係と会社の人事に不満があるそうで、人間関係や人事関係は話聞くとひどいねと思うことが多々あります。そんな中、E社の人はだれ一人辞めたり移ることなく頑張っているのですごいなあ~さすが滋賀筆頭問屋の事だけはあるなあ~と感心超えて尊敬しています。

dscn9696.jpg

で、移った先でその移籍先にない顧客をどんどん開拓している人がいると聞きました。元いた会社のお客さんへ売り込みかけているのですからこれほど楽なことないと思います。その顧客の購入キャパ、支払い面、価格帯など元の会社が時間かけて積み上げてきたデータをもとに売り込みかけりゃ楽ですもん。昔ならば経験として頭に入れていた記憶やノートなどに書いていたりした記録をもとにお客さんのところに寄せてもらったりしていましたが現在はこの写真のがあるのでたとえ数百軒の顧客でも売り上げから粗利、支払い状況、過去数年間の購入履歴まですべてがこんな小さなのにおさまるのですから元いた会社はたまったものではないよね。また、このデータをこの写真のに入れたと本人が言わない限り証拠もないので訴えても分からないですし、元々金融機関とか通販の会社じゃないからこの手の管理は結構甘いところがあるのも事実ですし・・・このA~E社全てよく知る問屋さんですがひとつ言いえてることはE社は従業員を大切にしていて他A~D社は結構「駒」扱いが多く、中にはトップダウンで決めたことがうまく行ったらどこかの国の偉いさんみたいに称賛させられうまくいかなかったら誰かが責任取らされなおかつトップは「みんなでやろうと決めたことじゃないか!」と勝手に叱咤激励、他県に本社を置く会社など滋賀の営業スタッフなど本部の顔色伺いばかりで滋賀には「飛ばされた」としか思っていないから早く本社に帰りたいの一点張り、そのためミスは許されないからうまくいった報告は自分の手柄だと強調し失敗した時は若いのに全て押し付けてまるで本社と違ってこちらはクズばかりの寄せ集めのような愚痴、会社のトップの方に私は一言「あまり恨み買うような従業員の使い方は・・・」でも三方よしの精神なんて他県の方々には説明するのもなんですしね。E社だけです、三方よしの近江商人の精神で日々邁進しておられるのは・・・

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 20:07:34  コメント (0)

東近江市観光協会総会

今日は(社)東近江市観光協会定時社員総会があり、私も出席させていただきました

dscn9500.jpg

総会開催は八日市ロイヤルホテルでして、送迎バスが能登川駅からも出るということで12時半過ぎに関係各位が集まっていました。

dscn9501.jpg

こうしてバスに乗り込んだのですが、このバスは元々12時45分に来る予定だったのがバスが到着したのがなんと1時半過ぎ、各「お偉いさん方」がご立腹でした

dscn9503.jpg

そうこう言いつつ八日市ロイヤルホテルに到着

dscn9519.jpg

受付を済ませて会場へ。集まっておられる方々の空気、昨年農事関係での会議などと違った雰囲気でした。

dscn9502.jpg

総会はじまる直前の様子。観光協会会長で酒造メーカー社長でもおられるKさんも各関係者とお話されていました

dscn9509.jpg

観光協会会長さんのあいさつで始まった総会

dscn9516.jpg

予算や事業内容についての報告などありました

dscn9507.jpg

商工会とも農事関連の会議とも違う観光に特化した資料だけに東近江の魅力をどう発信してゆくかの資料、パンフレットがいっぱいありました

dscn9513.jpg

遠巻きに見ていただけだと何かのアイドルユニットのようにも見えてしまうこの二人

dscn9514.jpg

東近江レインボー大使です。普段百姓しているとこうしたきれいな人見ることないですし大使と聞いても近所の百姓仲間の次男坊(字は違うが「たいし君」)くらいしか思い出せないくらい、昨年の「後遺症」が残っている寛珍。

dscn9517.jpg

続いて東近江をアピールするビデオの試写も行われ、キャッチフレーズは「おかえり東近江」と温かみある内容になっていました。制作担当者の説明ではこのビデオのコンセプトは元々東近江の人がUターンして帰ってきたとき、やっぱり故郷っていいなあ~と感じる事らしく、地元の人々が映像の中で「おかえり」と優しく声をかけるシーンが多かったです。正直な感想言うとこの映像では近江鉄道を降りた人が近所の人たちにおかえりと声かけられているシーン見て仏壇屋さんのCM思い出しました。んで、中心が八日市なのでJR能登川駅から帰るという設定がないのも観光ビデオだから仕方ないがイメージ先行・・・当たり前と言えば当たり前ですが・・・

 dscn9518.jpg

総会終了後の風景

dscn9522.jpg

場所を2Fに移し情報交換会が5時半から行われました

dscn9525.jpg

私は「きたよしさん」の隣でした。心細い私は嬉しくってまるできたよしさんの秘書のようにピタッとくっついていました

dscn9526.jpg

終了した痕の様子。いろんな方々との交流が出来有意義なひと時でした。中には「どこからお越しですか」と聞いたら「西国領です」と言われ目が点になりました。近所のKちゃんの次男坊と同級生と言われさらに目が丸くなったり、太郎坊宮の宮司さんとお話させてもらったり、福祉関係の方が彦根の方でなんと私のおばあちゃんの出身「鳥居本」の近くにお住いと聞いてびっくりしたりのひと時でした。総会後、帰りはバスを利用せず家内に迎えに来てもらい、きたよしさんと共に帰ってきました。今日は総会等言う名の会議でしたが明日は商工会の幹事集まる役員会、そして土曜日は自治会の役員会。会議3連チャンです

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 23:19:11  コメント (0)