ハローの爪を替える

きよちゃんから譲り受けた水田ハロー、爪がそろそろ限界なのでディーラーさんにお願いしました

dscn2201.jpg

ぽつねんとあるこのハロー、幅2メートル26センチありますんです

dscn2199.jpg

まずはトラクターを取り出しまして、あとはディーラーさんにお願いしました

dscn2200.jpg

キャスターを取り外し

dscn2202.jpg

バックして電車の連結のように取り付けました

dscn2203.jpg

取付完了し

dscn2205.jpg

トラックに積み込む段取りしつつ

 dscn2206.jpg

うまくキャリーカーに載せ

dscn2208.jpg

積み込み完了です。しばし点検兼ねたためトラクターは家にない状態が数日間あります。いよいよ春・・・本業の仕事もそうですがどうして時間調整しようかが今後の課題と言うか悩みどころです

Filed under: 農業 — admin 17:13:28  コメント (0)

農機具ディーラー展示会

2時間ほど時間作ることができたので東近江市内五個荘地区にある農機具ディーラーさんの展示会に寄せてもらいました

dscn2131.jpg

北陸近畿クボタ三の営業所内で開かれるこの展示会ですが、こちらでの展示会へ寄せてもらうのは初めてなんです。

 dscn2129.jpg

受付で案内いただいたはがきを提示しました。

dscn2130.jpg

粗品はほうき

dscn2133.jpg

こうした農機具もいろんなネーミングがあり見ている私も「くすっ」とします

dscn2135.jpg

こうした名前に関し、たまたまだろうと思っていましたが

dscn2136.jpg

パンフ見ているとどうも「意識」しているようにしか思えません。と、言うことはストロングとかがいづれ登場し、湿田用にアマゾンも・・・勝手に想像しないでおこっと

dscn2134.jpg

今日は春に家でする代掻きに使う「ハロー」の爪を変えてもらう予約というか頼みに寄せていただいたんです。担当のT氏が確認などしている時に義父さんとこうしたの見ていたんですが、「結構軽いもんなんやな~」なんて手に取って溝きり機とか見ている横で心の中で「寛昌君、買ってあげよう」と言ってくれないか、草刈り機も17万ほどの安いのが出たので「寛昌君、これも買ってあげよう」と言ってくれないかと還暦手前でも義父のスネをかじろうとしている「どんならん(どうしようもない)ていたらく婿寛珍です。んなこと言いつつ帰宅間際に見た

dscn2132.jpg

田植機などもこれからのモデルとしてドラマ「下町ロケット」に出てくるような自動化されたのが主流になるのかな~でT氏に聞いたら「あのドラマのように雨の日なんて稲刈り・・出来ませんで!」でした。

Filed under: 農業 — admin 14:49:43  コメント (0)

年がら年中

農業関係で思うのですが、私は独身の頃農業には農閑期と言うのがあると思っていました。ところが3月くらいから田んぼの土つくり、4月、5月には田植、6月にはその前の年に植えた麦の収穫、7月には田んぼの水管理や各防除、8月下旬から9月は稲刈り、10月からは麦の畑つくりのトラクター作業、そして11月には種まき。12月から2月くらいまではゆっくりできると思いきや各書類提出や各会議が目白押し、このような人生を送っておられた年配の方は生活と言うより体の一部になっているんですね。私など義父は話すことないので口を開けば百姓の事、「かんがえてなあかんほん(よく考えて行動取りなさい」と訓示のようなのを述べられますが私の商売のこと話したら「わしはしたことない」の一点張り。商売と百姓にはどことなく深い溝があるようにも思えます。困ったもんです

dscn1855.jpg

鶏のふん、これにも二種類あるってのを聞いて勉強になりました。鶏には食用と鶏卵用の鶏がありその餌が違いまして食用と違い鶏卵用は卵の殻を硬くする必要から餌にはカルシウムが多く含まれる(貝殻の粉など)餌が与えられているそうで、このタイプの餌を食べた鶏はカルシウムを吸収するはものの腸の短い(牛や豚に比べ)鶏の場合消化されずに「出てしまう」ことがあります。土、こうしたカルシウムを多く含むこの肥料を大量にまくとセメントとと同じで土が硬くなることがあります。いろんな勉強してゆく中で家の人たちは即役に立つかどうかで判断されるので私のこうした話はいつも「余談」扱い。別の視点から話が来ると機嫌が悪くなる方も多いので私はいつも「みなさんのおっしゃる通り」の寛珍で流されてゆこうと思っています。

Filed under: 農業 — admin 12:05:21  コメント (0)