苗・・・

毎年、苗は家の近くにある田んぼにて苗代を作っていましたが住宅開発の関係で来年からその田んぼそのものがなくなりまして苗、どないしようかと悩んでいます

dscn4650.jpg

農協さんにてハウスのリースなんてないのかなと問い合わせたらあることにはありますが苗の後野菜などを作って直売所等に出荷してもらうことが前提らしく、野菜造りなどしたことないので義父さんに「百姓みたいなことせよと言われた」と言ったら「お前~お前も百姓やないか!」と言われ、そりゃそうだと妙に納得しました。が、しかしまともに稲も管理できないのに野菜なんて…

dscn4649.jpg

こんなんもあるぞと義父さんが持ってきたパンフ、それならいっそのこと農協さんに交渉して買い、それを経理上リースという扱いで出来ないかと思いました。だって買えば資産になるがリースなら経費として落ちるもん。皆さんは苗、どうしておられるのかな~

dscn4652.jpg

そんなこと思いながらの帰り、早速転作の麦の為「弾丸暗渠」作業をしていおられました。いよいよ11月初旬までの1ヶ月半ほどこの作業などが連続しますわな。その時こうしたハウスなどに詳しい人に聞いてみよっと

Filed under: 農業 — admin 14:06:52  コメント (0)

月初に稲刈り

元をただせば土曜日、雨が降るとの天気予報で稲刈りしなかったんです。そして日曜日の昼、自治会の行事が終わった直後からとにもかくにも稲を刈りまくったんです。小字「殿衛」「塚越」を気合入れて刈ったんですが夕方日没近くまでかかりタイムアウト。

dscn4513.jpg

昨日稲刈りしてしまおうということで残る圃場の稲刈りしました。月初の配達(特に学校給食などはすぐに始まるので)は家内に任せて義父さんと共にやいのやいのと圃場に向かいました

dscn4515.jpg

向かったのは小字「西浦」。道路隔てた隣の圃場ではM君がすでに刈り終えていました。

dscn4516.jpg

んで稲刈りしていて辺り見回したら昨日稲刈りしていたのは私だけだったような気がします。月初の商売人にとって忙しい時期に稲刈り作業しているとなんだか「現役引退した爺さん」みたいな気がしてしまいます

dscn4518.jpg

そして最後に行ったの小さな3畝のたんぼ。いよいよ開発が進みこの圃場の稲刈りも今回で最後になるのだと思うと寂しい気持ちになります。この不動産開発業者、最初道路の行き止まりに木を植えたりして開発はここまでと言う意思を表すなんて言っていましたが結局そういったことせず。また、うちとしては売却反対していたので簡単に言ったら縦の圃場を横向けにするということで同意せざろう得なかったんです。この写真手前の所有者も売却するしそのまたて前の畑も・・・囲まれてしまったら田んぼなんてできゃしませんもんね。

Filed under: 農業 — admin 8:11:49  コメント (0)

コンバインの点検

月末あたりから忙しくなりそうなのは稲刈りでして、春の田植えの時バッテリーが上がったりで大弱りした経験から今回は今のうちに見ておこうと思いました

dscn4340.jpg

我が家のコンバインです。とてもかわいらしいコンバインで私は好きです。今日、集落の西側の田んぼ、どちらさんか早くも稲刈りしておられました

dscn4341.jpg

刈り取る部分のはも点検したりしていました

dscn4342.jpg

んで後ろのわらを刻む部分も点検

dscn4343.jpg

今年はこれでなんとかいけるだろうと勝手な素人はんだんして点検を終えました。今年は自宅で乾燥せずライスセンターに出す予定です。んで、来年は自分で乾燥してみようと思っています

Filed under: 農業 — admin 19:35:20  コメント (0)