今日は宅配ですな

年末に法事等ある方々への配達と卸とで車に乗りっぱなしの一日でした

dscn6848.jpg

まずはご近所さんへ。雪が心配でしたが気温が2~5度くらいなので凍結することもない為か安心して走行できました

dscn6849.jpg

稲枝地区のとあるお得意さんへの配達。途中見かけたコンバイン、このままにしておかれるのかな~

dscn6853.jpg

能登川に戻り能登川北学区のとある方のお宅へ配達。いつも寄せていただくとお茶をごちそうになってしまいます。その方、かつてお寺関係の役(神崎組仏壮連盟)でお世話になってからいつもこの時期にお買い上げいただく方でして、当時共に役をしたときの話にいつも盛り上がってしまいます

dscn6854.jpg

その北学区の中で西に位置する町の方への納品の時に見た近江八幡方面の様子、頼むからこれ以上雪降らないでと願うばかりです

dscn6858.jpg

守山のお得意さんへの納品終えて琵琶湖大橋を渡った時の様子。山々が見えること考えたら雪の心配も取り越しかなっとも思っていました

dscn6859.jpg

堅田あたりもこの様子でこりゃ楽勝だと一安心。

dscn6861.jpg

ここはよく店名の変わるお店だなあと思いつつ今日は定休日かな?

dscn6864.jpg

こうしたお店は冬場が似合うような気がします

dscn6865.jpg

冬季はお休みみたいです。

dscn6869.jpg

2度とは・・やっぱ寒いです。それに雪がちらつき始め今年雪がしこたま降った時の配達思い出しとにかく早くこの地域から抜けたいの一心でハンドル握っています

dscn6870.jpg

比良山登山口付近の様子。ちなみにこの近くにある大学のお祭りに一度どら焼きを販売しに寄せてもらった事がありまして、当時はスモークチキンはまだ販売していなかったことから販売、苦戦したことがありました。

dscn6871.jpg

こうした日本家屋も少なくなってきましたね。私が思うにはこうしたスタイルの家こそが日本の気候風土に合った作り方なんじやないかなっとも思っています

dscn6872.jpg

電光掲示板も雪の事についての情報。

dscn6873.jpg

得意先手前で一息。こうして商売していると色んな方への納品、配達するのですが、とある地域の方で、かなりまとめてお買い上げいただき、その方の家まで持ってきてくれということでお届けに上がったことがありまして、奥さんと共に家におられるので渡してほしいとの事でした。その方の奥さん、かなり年下の方でお若い方と聞いていました。その方へ「世間でいうところの幼妻ですな」と冷やかしたら「女性と思えないぞ」と言われ「?」でした。納品時、ピンポン押したらご夫婦で出てくださいましたが何とも言えない感じの奥さんでした。その方「なっ!幼妻ちごうて(違って)おっさんみたいな妻やろ・・・」と言われたはものの笑うわけにも行かず苦労(?)したことがありました。

dscn6880.jpg

前行くトラックは私の古巣の会社です。この会社辞めて来年で30年、一度かつての同僚と会いたいと思っています。来年は少し時間に余裕出来そうなので一度連絡とってみようかと思っています。そんなこと考えつつの配達での一日、今日はとりあえず雪は避けられほっとしています

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 23:41:12  コメント (0)

雪が

雪が降り始めました

dscn6839.jpg

今年は思いっきり雪が降った日に配達しました。あの日のようなパターンにならなければよいがと思いつつ明日の湖西方面への配達の出荷準備している寛珍です

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 21:23:16  コメント (0)

残すところってな

タイトルに弱りつつ毎日なにがしかの投稿している寛珍です

dscn6838.jpg

今年の漢字はこれらしいのですが、世間もなるほどこの漢字にまつわることが多かったように思います。私の場合、この漢字も能登川では北学区のイメージがありますし、実家では長浜の鳥羽上(とばかみ)町に住む親戚の事を「法事で北に行ってくる」と言っていましたし、 前いた会社では米原から北部担当のM君のイメージがありました。でも報道ではこの漢字はまた別の意味が込められていたようです。

dscn6829.jpg

どら焼きでお世話になっている方のお店に行く途中の能登川駅付近の様子。昼間ですがなんとなくさみしくもさえ感じます。

dscn6830.jpg

実家の父親が服の裏地がぼろぼろなのでなおしてくれるところ探していました。母が存命中はいとも簡単に(他界する数年前まで洋裁学校・ドレスメーカー学院・をやっていたので)なおしていましたが他界してからはなおしたりできる人も店もなく困っていました。彦根市内で古くから付き合いあるきれ関係の方に問い合わせたら能登川のこのお店を紹介してくれたそうで、ここの店長自ら引き取って2日もかからないうちになおしてくれたと喜んでいました。コミヤマさん、私も店そのものがあるのは知っていましたが妙な縁があるものだと思いました。ちなみに私の父の前いた銀行の同僚で近所のKさん(これまた縁で息子さんと私は同じ年)もここでスーツをあつらえられレたそうです

dscn6835.jpg

前を行く車は包材関係では滋賀いち大きい会社です。結婚するまではこの会社から食品トレーなど購入していました。私の仲人さんが包材関係等取り扱っておられる関係で仲人さん優先ということから今は取引していないですが、とにかくすべてをフォローできる素晴らしい会社です。

dscn6836.jpg

トラクターもこの時期になるとあまり見ることが少ないですね。で、うち・・・なんだか30馬力のを買うようなことになりつつあります。義父さんとディーラーさんがなんやかんやと話したりしているのですがせめてもの型式くらい聞いてほしいものです。

 dscn6837.jpg

今日も少し配達しましたが昨日も今日もふるさと寄付用のスモークチキン加工に追われています。このふるさと寄付、先だって説明会あり現在の進捗状況などが話されたそうで、私は農事関係でどうしてもその会議に行けず家内に行ってもらったのですが、現在大手百貨店さんがこの寄付の窓口で業務を行っておられ、市と直接やり取りしているのは私くらいだそうで、会議では名指しこそは避けられましたが「夫婦でやっている方も私ども(百貨店)と共に行えば・・・」と言われてしまいました。へりくだっていうなら私のような個人商店はとてもそんな大手さんと・・ということもありますし、ずっと商売してきていわゆる「自分の肩幅」というのを分かっているつもりです。百姓では自分の意見など持たないというか持てないが商売においては自分で決めて自分で行ってきたので大手さんと共に行うと自分の商売が自分でなくなるのも嫌だというのもあるんです。卸売りでものすごく大手さんと取引していた時期がありました。しかしながら個人商店の私は良い品はまわしてもらえないうえ取引先で大きな会社と取引すると「お宅では荷が重そうだから」と私を飛び越えて納品されたりで散々な目にあったことがありました。そして名もない小さな店とか支払いが大丈夫かといった店を勧めるんです。それも商売して間がないことを理由に私とその会社の取引は現金払い。商売上の師匠に相談したら「お前・・完全に安全弁にされてるな」、すなわちその会社からは現金で買う私、すなわち「とりっぱぐれがない」、しかし私の相手が夜逃げしてもそれは私の得意先リサーチ不足。幸運にも今まで夜逃げ等されたことはないのですがいつも不愉快でした。現金引取りから掛け売りを願い出た時会社の方、すっぱいもの食べたような口で「え~っ何か・・・お間違えになっておられるようでは・・」と馬鹿にされ、そんならこっちもトラップ仕掛けてやれと当時大手の会社(なんと毎日1万食以上)の中の人と知り合いだったので世間話をしに行き、その数日後その高慢な会社の人から「最近どういうところと話(新規開拓)している?」と聞かれその高慢な会社にそれこそ「それらしいこと」言ったんです。誤解無いように言いますとその大手の1万食会社のかたとお話しし、勉強になったとしか言っていないのですが、早速食いついたこの高慢会社、財務内容チェックも何もせずに私が話ししたくらいだからと、いつものように私を飛び越えて納品開始したんです。実は厳しい財務内容と弁当さんの中にいる人から聞いていたので取引開始したと聞いて小躍りしました。それから数年後その会社は万歳したのですが直前、何度もその会社への納品を勧める高慢会社の担当者の顔見るのが面白く、やれお宅(私)も実績積んだから掛け売りも出来るようになったよとか、1万食分の在庫抱えること出来る倉庫持っていると聞いたのでとか様々な話を持ち掛けてきたんです。ひとくちに1万食と言っても100ヶ入りのコロッケのケースなら100ケース、毎日100ケースづつ出荷し20日ほど納品したら2000ケース。いくら安いもの納品してもケース辺り2000円としたら月間400万、そこに油脂類、調味料等合わせると月間1000~1500万程の売り上げ、3ヶ月ほどためて万歳したと聞いているのでそりゃ高慢会社、気が気でなかったことと思います。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:01:18  コメント (0)